小島かつら流!懸賞の極意

小島かつらが懸賞当選率アップを目指すとっておきの極意を伝授!
懸賞応募の際には、ぜひ参考にご覧ください!

フォトコンに応募してみよう!

幼稚園・学校の行事や外出が増える春から秋にかけて、思い出に写真をたくさん撮っても、デジカメのメモリをいっぱいにして、それきりになってませんか? 懸賞好きさんには「フォトコンに応募する」という良い活用法があります。

ネット上で、たくさん開催されるフォトコン。デジタルカメラのメーカーなど有名サイトのフォトコンは賞品(賞金)額が大きい分、作品のレベルが高く、少々難関ですが、狙い目なのは、ネットショップが行うフォトコン!

ユーザー向けのお楽しみコンテンツとして毎月のように開催するケースが多いのが特徴。たとえば、ペット用品店の「ペットの寝顔コンテスト」のようなフォトコンでは、賞品は実用的なペット用品・フードなどグレードは下がりますが、規模が小さいと応募数が少なく採用のハードルが低いのでオススメです。

たとえばスポーツ用品店の「感動的なスポーツシーン募集」に運動会のひとこまを送ってみては?同様に、海苔屋さんの「キャラ弁コンテスト」に遠足のお弁当の写真を。他にも、ガーデニング用品店なら寄せ植えコンテスト、子供服店にはベストコーディネイトショット・・・などなど。

私は、猫や花の写真で応募し何度も賞品をいただいてますよ。

とはいえ、フォトコンのためにわざわざ写真を撮る必要はナシ!逆に、撮りためた写真からテーマに沿った写真を選んで応募するほうが、ずっと手軽です。 料理・手芸・ガーデニング・ファッション・スポーツなど、自分の得意分野がうまく生かせるフォトコン。気軽にトライしてみませんか?

ただしひとつ注意が必要です。

スマホや近年発売されたデジタルカメラは、撮影した「場所」の情報が写真のデータに自動的に付加されています。 これは「この写真、どこで撮ったんだっけ?」と忘れてしまった場合など、後々、記憶の補完をしてくれる便利な機能なのですが、たとえば自宅で撮った子どもの写真は、住所の情報をそのまま公開することになってしまいます。 ちょっと面倒ですが、分からなければ携帯電話のショップでGPS機能をはずす設定をしてもらうなど、ひと手間をかけましょう。

※無断での転載等はご遠慮願います。