小島かつら流!懸賞の極意

小島かつらが懸賞当選率アップを目指すとっておきの極意を伝授!
懸賞応募の際には、ぜひ参考にご覧ください!

応募しやすい環境を整えよう!

たとえば、読んでいた雑誌に懸賞を見つけたとき、「え~と、ハガキはどこ?」「ペンは?」・・・と、ゴソゴソ探すことから始めていませんか? 探し出せず「あとで書くから」なんて中断したまま、応募するのをうっかり忘れちゃったり。

年中探し物してる人っていますよね。実を言うと私も片付け下手。でも、探す時間って、考えてみると、すごくもったいない!その時間でもっと応募できるのに!

「必要なときにスグ取り出せる」

これは懸賞を続けていく上でも、とっても重要なこと。 まずは、ハガキ数枚とペンを可愛いカゴやポーチに入れて、テレビのそばなど目に付く場所に置く習慣を。基本的にオープン懸賞は、これさえあればOK! でも、クローズド懸賞になると、他に、はさみ・テープ・切手が必要に。さらにバーコードや店頭応募ハガキ、デコ用のスタンプやシールなど、次第に乱雑に・・・。

そこでオススメしたいのは「立てる収納」。

★店頭応募ハガキ★
クリアファイルのポケットに収納。締切順・店舗別など自分が管理しやすいインデックスをつけると更に◎!

★商品バーコード、マーク★
ドキュメントファイル(じゃばら状に仕切られたファイル)に収納。懸賞によっては、応募の条件がバーコードでよかったものが、突然マークに変わったりすることがあるので、パッケージごとにポンポン入れるだけ。切り取る手間も要らず、ラクチンです。メーカー別にインデックスをつけましょう。

★スタンプ・インク類★
透明な書類ケースに収納。透明なので、ふたを開けなくても外からパッと見えて分かりやすいです。

★シール・切手★
横入れタイプのクリアファイルに収納。中途半端に残ったシールは、シール帳に貼っておけば迷子になりません。これも、花・スイーツ・動物などインデックスをつけると探しやすい。

これらのファイル類は、どれも100円ショップで買えて、省スペース。本棚の一角が懸賞コーナーに早変わりです。 風通しが悪いと、運気も逃げると風水でもいいますし、応募グッズをスッキリ整理してサクサク応募できる環境を整え、ストレスをためないこと。楽しくスムーズに書けると読みやすい(当たりやすい)ハガキになりますよ。


※無断での転載等はご遠慮願います。