小島かつら流!懸賞の極意

小島かつらが懸賞当選率アップを目指すとっておきの極意を伝授!
懸賞応募の際には、ぜひ参考にご覧ください!

家族の笑顔が一番!

テーマパーク、旅行、映画、スキー、工場見学などのレジャー、おもちゃは、ほぼ懸賞でまかなってきた我が家。数々の恩恵を受けた子ども達は、懸賞に対して、とても協力的でした。

現在、社会人の娘は、自分で応募しては、コスメ・グルメ・イベントやライブのチケットを当て、節約&懸賞ライフを満喫しています。

「まだウチの子は小さいから、懸賞のお手伝いは無理。バーコードや切手を散らかすし、買い物中も騒ぐから・・・」なんて思ってませんか? いえいえ、子どもは立派なアシスタント。 おちびさんだって、スーパーの陳列棚の応募ハガキを取ったり「(対象商品の)○○マークのついたお菓子はどれかな?」なんて誘導すると、夢中で探してくれます。

大人が気付かない低い位置にあるものを見つけるのは、とても上手。 「よく見つけたね、すごいね!」と、少々おおげさに誉めてあげれば、次からは頼まなくても張り切ってやってくれます(笑)。

小学生になれば「対象商品を組み合わせて、夕ご飯に何が作れると思う?」と相談すると一緒にメニューを考えてくれますし、2桁の暗算(“1000の位”と“100の位”)を頼めば、おおよその合計額を計算してくれます。レシートが必要なクローズド懸賞に無駄のない買い物ができて、大助かりでした。

慣れるまでは、期限が過ぎたハガキを持ってきたり、バーコードを切り刻んだりの失敗がありますが大目にみて。「がんばってくれたのね。ありがとう。こんどは気をつけようね」と気持ちを酌むのを先にするのが◎。こんな懸賞嫌いにさせない工夫は必要かもしれません。

また、我が家では、ゲーム機や音楽プレーヤーなど高額なおもちゃの要求には「当たるまで待ってね」で、かわしてきました。同時に「誕生日(クリスマス)まで届かなかったら買おうね」と約束しますが、待つ間に他に興味がうつって欲しがらなくなる場合もあり、結果的に節約に(笑)。おめあての物が当選したら「○○ちゃんがお手伝いした成果だね」「当ててもらえてよかったね」と言って渡すと、大事に使っていましたよ。

こんな環境で育った子ども達は、ハサミ・糊の使い方や、難しい地名の漢字を覚えるのが早かったですし、絵画・作文コンクールなど公募や投稿にチャレンジすることに抵抗がありませんでした。入賞すれば、副賞に図書券などもいただけますし、何より自信の素になりました。

もちろん私にとって、いちばんのプレゼントは“家族の笑顔”。高価な賞品より、届いた箱を開けるときの輝く表情のほうがうれしかったものです。


※無断での転載等はご遠慮願います。